トップページ of 骨盤セラピー・ラボ

骨盤セラピー・ラボ


 お問い合わせはお気軽に。
 011-787-0112
e-mail honeyasume71a@yahoo.co.jp

News

4/21(土)・22(日)「ごるま」出店

golmalogo.png

 骨盤セラピー・ラボでは、慢性化・重症化してこじれた方、他の治療院や病院では手に負えない症状に悩まされる方を対象にしてきましたが、今回その技術の一端を、ゴールデンマーケット整体リラクゼーション部門にて体験して頂く事にしました。

・骨盤矯正 1千円
・上部頚椎矯正 1千円
・その他、オプション 5百円

あくまで体験版ですが、“違い”を感じて頂けると思います。

 体調不良に悩み、興味があるけれど二の足を踏んでいた方は、是非ご来場下さい。

詳しくは分院「再起動整体リブート」のページで

sign.jpg

※画像をクリックするとページへ移動します。

NEWS&TOPIC

01/27:

 現在、中央区(大通)の新治療院再起動整体リブートでの施術を中心に活動をしています。

 独自のノウハウと高い技術はそのままに、基本メニューを【上部頚椎矯正(頭の付け根)】と【骨盤矯正】の2つに分け、さらに手足・顎関節・背骨等ををオプション化すること。数種の一般的な歪みパターンに分類して矯正すること。治療計画に沿って通った場合の割引特典。それによって基本料金を抑えより通いやすい治療院になります

今まで興味はあったけれど、施術を受けるのにためらいがあった方々は、お気軽にお問い合わせください。

→大通店「再起動整体 リブート
中央区南1条西1丁目16-4 シルキービル301号室
tell 011-211-6770(090-7658-8141)
※但し、極度に慢性化させてしまった症状、非常に症状の重い場合、各種美容整体、オーダーメイドの精密矯正と全身オーバーホールを希望の方には、従来通り「骨盤セラピー・ラボ」でお引き受けします。
tell 011-787-0112


現在、大キャンペーン中です。
この機会に、実際に体の変化をご体験ください。

※以前、施術を受けたことのあり、しばらくご無沙汰の人でも参加OKです!


※治療内容や効果、考え方を詳しく知りたい方はぜひ、「上部頚椎(じょうぶけいつい)カイロプラクティック」で検索してみて下さい。とくに「十全治療院」さんが詳しく説明しています。
→上部頚椎は背骨はもちろん、骨盤、手足まで全身の骨格を方向づけ・誘導する重要部分で、とくに下顎(したあご)のポジションに決定的に影響力があります(逆に影響もされますが)。そして神経機能の司令塔としてメンタル面と自然治癒力を大きく左右する。
それが上部頚椎(じょうぶけいつい)と呼ばれる部分です。そこの調整をするのがメインメニューの「再起動整体」です。
 中程度の歪み・症状であれば、2週間に1度のペースでOKですが、その間の期間にも体(骨格)は変化し続けていきます。
 骨盤が土台だとすると、上部頚椎は船の舵(かじ)です。

 まずは


 さて、東区の治療院ですが、今後はラボとしての位置づけを明確にし、基本的に「重症・難治性疾患の集中した治療を対象にします。ただし十分な改善後に再発予防(骨格の維持・管理)にもそのまま通って頂けます。

 ※従来のように、「(場所的に)通いやすい方へどうぞ」というのではなくなりました。


 当ラボでは「オーバーホール」メニュー以外、継続通院を前提とした治療の組み立て・ペース配分を行い、骨格全体を、そして細部を「各回復段階ごと」に理想的な形で矯正していこうと考えています。
 全体がある程度まで整わないと、矯正するには負担が大きかったり、全体が整うことで自然消滅する部分的な歪みがあるからです。
 遠方や多忙など、少ない回数でできるだけの効果を得たい方は、「オーバーホール」をお申し付けください。午前中の特別予約枠もご利用頂けます。

25:






 当ラボでは、素人でも出来るような筋肉のほぐしやストレッチではなく、「骨格そのものの歪みを直接」的に解消する方法を長年研究・実践してきました。

 この方法は骨と骨の連結部=関節の位置や角度を調整するもので、ご自身でのケアが不可能です。そしてたとえコリや痛みという自覚症状が無くても、日々少しずつ蓄積していく骨格の歪みは「老化の元凶」なのです。個々の細胞年齢は別ですが、美容や健康面で現象として観察される、大人になってからのアトピーや鼻炎や喘息といったアレルギー、体が硬くなり節々がギシギシいう、すこしのことでコリやすく疲れやすい、ちょっと転んだだけで捻挫や肉離れ。そもそも平らなところでつまづきやすい。美四面では顔のむくみの慢性化、顔のたるみとしわの急激な変化。これらは最近、男性でも気にするようになりました(営業職や芸能関係なら当然ですね)。や骨格の歪みはとても強い影響を及ぼしています。
 このわたしの持論に関しては、骨格の歪み解消のエキスパートとして、治療による改善の結果で確信しています。

そして「当ラボの骨格矯正はまぎれもなくスペシャルなもの」です。
 そもそも、この方法を行うことのできるプロ自体が一握りしかいません。ですから、生半可な知識と技術の人間が時々失敗するので、「危険な方法」と誤解をされることがあるのです。たとえば簡単な盲腸(虫垂炎)の手術であっても、新米医師やもぐりの医者に執刀されることを想像すると怖いでしょう?おなじことです。重要なのは、「正規のベテラン医師(セラピスト)に治療されれば危険は無い」ということです。

 そんな私がもっとも研究し、全国でトップクラスと自負しているのが「独自の骨盤骨格矯正」です。骨盤ブーム以来、骨盤周囲の筋肉をほぐしたりストレッチしただけで「骨盤矯正」と称する人が激増してしまいました。たぶん皆さんが目にしたり(本やDVD)、体験したもののほとんどが「骨盤筋調整」のはずです。

 当ラボで行う骨盤骨格矯正とは、「骨盤の関節(=仙腸関節と恥骨結合)の位置や角度の異常をじかに正す」ことを意味しています。


これこそが、「本当の意味での骨盤矯正」です。


 「美顔針(びがんしん)」で来院された、あるラジオパーソナリティーが言っていたのですが、「骨盤矯正は今までに5~6軒で受けたけれど、まったく効果=変化が実感できなかった」というのです。普通やらないのですが、長年この分野を研究してきた専門家としていたたまれず、ほんの少し「わたし独自の骨盤骨格矯正」をデモンストレーションしました。専用の矯正ベッドに寝てもらい、軽く3~4回バシンッと押しただけです。
 そして「はい、立ってみて下さい。」と言ったその直後に、「おお!、凄い。立った感覚がまるで違う!」と驚きの声をあgました。「体が軽い!すっっきしりた。」驚きの表情と共に喜びを爆発させています。この体の軽さは、筋肉の緊張が和らいだ感覚だけではなく、姿勢が正しくなったことによる感覚だったり、神経の通りが良くなった「神経機能が回復し始めた爽快感」です。

 この「神経昨日の回復」というのもひとつポイントです。骨格の矯正は神経機能の回復を主目的とした治療法だったからです。日々のストレス、目の酷使、長時間椅子に座り続けるなどして神経機能が低下、または編に興奮して疲れているのに眠れないという事が良くあります。そうした症状への効果は当然として、脳卒中などの後遺症が、当ラボの治療を受けて休息に改善していくケースも多々あります(骨盤骨格矯正と上部頚椎矯正)。





 ご縁があって当サイトを見て頂きありがとうございます。骨盤矯正をはじめとした、
「当ラボの骨格矯正はまぎれもなくスペシャルなもの」です。

 当ラボで行う骨盤矯正とは「骨盤の関節(=仙腸関節と恥骨結合)」の位置や角度の異常を、じかに正すことを意味しています。これこそが、本当の意味での骨盤矯正です。
 近年の骨盤ブームに乗っかった商魂たくましい人たちは、以前は腰回し運動と言っていたものをを骨盤回し運動(エクササイズ)などと言い変えているような現状です。また非常に多いのは、骨盤部分にある筋肉、たとえば股関節の筋肉や腰の筋肉などをもんだりストレッチすることを骨盤矯正と言っているケースです。整体や、リラクゼーションやエステサロンでよく見かけるパターンです。骨盤調整というならギリギリセーフでしょう。

 骨盤と呼べるのは、寛骨(腸骨・恥骨・坐骨)と仙骨だけです。それらの連結部である仙腸関節と恥骨結合を正すことのみが骨盤矯正なのです。揉んだりほぐしたり、あるいはストレッチする部分って筋肉ですよね? それは骨盤筋ほぐしだとか、骨盤筋ストレッチです。それでもうわべ状の歪みが減少するのですが、本当に歪んだ(関節部分ががっちり引っかかった)骨盤を矯正することは、筋肉へのアプローチだけでは無理なのです。ただし、関節の矯正を受けながら同時進行で普段のケア、再発防止に用いるならとても効果的です。
 でも念を押すと、関節の矯正の代用にはなりません。例えば出産で産道が拡がる事によって起こる骨盤の歪みが起こってしまった場合です。骨盤底の開大は異常な形に周辺の筋肉を引き延ばし、緊張させて色々な意味で締まりを失わせてしまいます。尿漏れなどに悩まされる人はこうした歪みを疑う必要があります(過度な肥満が同じ現象を起こすことがあります)。

 でもそれはあくまで臀筋(でんきん)や大腿(太もも)の筋肉などをほぐしたに過ぎません。実際にからだが楽になるなど効果があるのは良いのですが、骨盤矯正とは効果の種類(内容)がまったく異なります。わたし自身、それらを行うことはありますが、あくまで補助目的ですし、それを骨盤矯正とは呼びません。
 骨格そのもの(=関節)を矯正するには、非常に高度な知識と技術が必要なために、残念ながらごく限られた一部の人間にしか行えません。とてもちょっと講習を受けただけのサロンスタッフが行えるものではないことだけは断言しておきます。 

 一番大切なのは、骨盤のどこを、どの方向に正すか、ということです。それで初めて「矯正(ゆがみをただす)」と表現できるわけです。たとえば骨盤矯正ベルトや家電(機械)で締めたのでは、歪んだまま全体を圧迫しているに過ぎません。


 注意して下さい。「『骨盤が開いている』と強調する整体院・リラクゼーション・エステ・グッズ販売には絶対に手を出すな!」ということ

 骨盤が開くという表現は医学用語にはなく、一般の言葉であって、素人表現です。基礎医学を学んでいない過去の著名な整体師にはこうした言葉を使う傾向が多いのです。ただし、問題はそこではありません。
 骨盤は開くよりも閉じることの方が、歪みパターンとしては圧倒的に多いのです。大ざっぱに、そして少なめに言っても9割。ですから、私は骨盤ブーム以来、テレビ・雑誌・ネットなどで取りざたされる「骨盤が開いているのが問題だ」という風潮を理解しかねていました。どいういう意味で言っているの?
 なにしろ「骨盤が開く」などという表現は医学用語にも正統なカイロプラクティック用語にもないからです。
 だから、「骨盤底が拡張した状態を開くと表現しているのだろうか?」と解釈していましたが、どうにもそうした人たちの主張と異なります。



 念を押しますが、「骨格の仕組み(構造)からして、骨盤は歪むと横幅が狭くなりやすい」のです。

 それは日常で皆さんが、とくに農耕民族である我々はなおのこと、腰を丸めてしまいやすい。中腰姿勢はもちろんのこと、椅子に座っているときですら腰を丸めて後ろに突き出す人が多い。それは上半身の重量にてこの原理が加わって、骨盤の中心の仙骨を後ろに飛び出させる(抜け出す)のです。
 その前後の歪みが結果として横幅の変化を起こすというわけです。これは故Dr.ウォルター.V.ピアースの偉大な発見による功績です。



 圧倒的な無知(またはデタラメ)。「骨盤の横幅が前(お腹側)からみて幅広い」ことを「骨盤が開いている」と考えて誤解している。そんな低レベルで骨盤矯正を宣伝している。

 「アホか!?」と突っ込みたい。ましてや骨盤の歪みに関心を持つ大多数は女性。女性の骨盤は幅が広く、男性の骨盤は縦に細長いのが正常。その幅を狭くすることはすなわち男性化させるということです。様々な弊害がでてきます!
 具体的に書きすぎると、そうした無知・低レベルの人たちに無料でレクチャーしてしまうことになるので書きません。

 お約束します。圧倒的な骨盤矯正による変化(実感)をご提供します。今までなんらかの骨盤矯正を試して失望した人ほど、効果に驚くはずです。 
 ただし現実離れした望みをもたれるのは困るのですが、魔法や奇跡を求めない大人の判断が出来るあなたなら、素晴らしい健康と美しさ、コンディショニング、パフォーマンス、リラクゼーション、アンチエイジング効果を手にするでしょう(その具体例は順次ご紹介していきます)。

 ただし一言だけ。
 骨盤矯正ブームに乗っかっただけの偽物を提供する業者がほとんどという現状なのは確かです。しかし一方で受ける側も「どこでも同じようなことをしてもらえるはず」「だったら、なるべく近所で探そう」「内容や効果はどこも変わらないからなるべく安いところで探そう」「矯正グッズを使って治るんならそれが一番楽」などと思っていませんか?
 牛丼のチェーン店ではないのですよ?

 あなたはもし、重病で外科手術を受けるとき「近所だから」という理由で病院を選びますか? そしてどの医者でも腕は同じでしょうか? ありえません。
 あなたは食事をして、ファミレスと専門店(中華やイタリアン)の味に違いは感じないのでしょうか? 感じないなら、近所で、あるいは安さで選べばいいです。

 不思議なことに、骨盤矯正に対してそうした当たり前の事を考えない人が非常に多いのに驚かされます。

 また、「試しに受けてみよう」という方はご遠慮下さい。初回でめざましい効果に驚かれる方も甥のですが、状態によっては計画的に、段階的に矯正を進めなくてはなりません。1回目と、矯正を重ねて時期が来てから行う内容は違いますし、当然効果も異なることを先にお伝えしておきます。骨盤の関節の左右どちらをメインにして矯正をすすめていくか。前後の歪みが先か、左右の傾きか。捻れか。それとも同時進行でいけるのか。他の全身骨格とのバランスはどうしていくか。そうです、お試しに受けるにしても、1回で判断するのは意味がありません。


Fotolia_12425979_Subscription_XXL_bl.png

bind_09.jpg

News 2011/02/01

今後東区の治療院は、より「ラボ(研究所)」としての性格を強め、集中的な治療、その後の定期的な管理をされる方のみを対象とするようになります。立地条件でご近所の人でも、これに該当しない場合は中央区のセラピールームでの受付と鳴ります。

詳しくはこちら

Fotolia_664890_Subscription_XL.jpg

News002

Lorem Ipsum is simply dummy text of the printing and typesetting industry. Lorem Ipsum has been the industry's standard dummy text ever since the 1500s, when an unknown printer took a galley of type and scrambled it to make a type specimen book.

詳しくはこちら

Fotolia_14470033_Subscription_XXL.jpg

News003

Lorem Ipsum is simply dummy text of the printing and typesetting industry. Lorem Ipsum has been the industry's standard dummy text ever since the 1500s, when an unknown printer took a galley of type and scrambled it to make a type specimen book.

詳しくはこちら

Fotolia_2630033_Subscription_XL.jpg

News004

Lorem Ipsum is simply dummy text of the printing and typesetting industry. Lorem Ipsum has been the industry's standard dummy text ever since the 1500s, when an unknown printer took a galley of type and scrambled it to make a type specimen book.

詳しくはこちら